私の自慢は生まれて一度も病院に行ったことがないこと

私の自慢は、生まれてから今まで一度も病院に行ったことがないことです。まぁ生まれたのは産婦人科ですから、そういった意味ではまた別ですけどね。にわかには信じられないことだと思いますが、実際に子供の頃から大きな病気をしたことが一度もなく、インフルエンザとかもかかったことないですね。ちょっと咳が出るとか熱が出るとかはありましたが、寝込むほどのものでもなく、家で安静にしていれば治っていました。この話をすると絶対に嘘だと信じてもらえないのですが、事実なのだから仕方ないですよね。私自身も、ちょっと嘘っぽいとは思いますけど(笑)

そういう風に生きてきたので、病院に行くという感覚がなく、お医者さんとの関わりは学校の健康診断くらいでした。病弱で入院や通院を繰り返している人もいるというのに、私は健康面でかなり恵まれていると感じます。前に健康診断でこの話をお医者さんにしたら、免疫力が強かったり、自分の体の異常に気付くのが早くて、風邪などであれば初期段階で治ってしまうのだろうということでした。言われてみると確かに、うちの両親は私の体調に敏感だったような気がします。ちょっと調子が悪いかなと思っていたら、何も言っていないのに「調子が悪そうだから早く寝なさい」と言われますし、そういう時の夕食は消化もよく、栄養のつくものが多かった気がします。

ただ、ひとつだけ。病院に行かないことに慣れすぎて、本来なら病院にすぐ行かなければならない症状なのに自分で治そうとしてしまうのではないか、という不安があります。病院に行ったことがないのは自慢ではあるものの、絶対に正しいということではないな、とも思いますね。